ヨネザワ楽器 スタッフブログ

神奈川県平塚市にあるヨネザワ楽器のスタッフが代わる代わる、セール等のお買い得情報やお店の日々の出来事など、面白いお話をお届けできたらと思います。

December 2014

エレキ修理其の弍〜味噌汁おいしい〜


ラーメンは味噌が好きなんです。(前回のブログ参照)




はい。



それではナットを漬けている間に、今付いているナットを取り外します。
Fenderタイプでメイプル塗装ありは塗装を割らないように気を付けなければなりません。

横や淵にフェザーで切れ目を入れてから、当て木をしてハンマーで軽く叩いて外します。

こちらのモデルはナットにクリアがしっかり乗ってしまっていたので、大分神経をすり減らしました\(^o^)/


とれまちた。
溝の底に付いている糊を取って、いよいよ新しいナットを付けていきますよ!



次回、さとうのブログ
「エレキ修理其の参〜ツムツムのバズ・ライトイヤーは酷い〜」

サービスサービスぅ!



終わり。

エレキ修理其の壱


ナットの交換依頼をいただきました。
まずは牛骨ナットをオイル漬けします。

普通の牛骨は漂白してあるので、オイルに漬けることによって割れにくくて加工がしやすくなるのと、弦との摩擦が減ってチューニングが滑らかになります。

オイル漬けされたオイルナットや、その上位の無漂白ナットも売ってますので、お試しあれ。



次回、さとうのブログ
『エレキ修理其の弐〜赤味噌と白味噌どっち派!?…あれ、味噌の「噌」ってこんな漢字だっけ!?〜』

ご期待ください◎


終わり。


アコギ修理其の壱


ふざけた記事を最近書いてますが、お店の修理等もちゃんとやってますのです。


ご自分でピックアップを取り付けてみたそうですが、何だかサドルがぐらつくとのこと。

アンダーサドルタイプをご自分で付けるなんて凄いです。プリアンプまで取り付けていて驚きました。

自分の楽器ですから、自分でやってみるというのは良いのではないかと個人的には賛成です。


と、いうことで、今回はサドルをこしらえます。
厚さと形をサンドペーパーとヤスリを使って形成します。


こんな感じで作りました。
あとはブリッジピンが緩いので、太めのものに変えたいとのこと。

このタイプはSCUDのF-3609というのがオススメです。



1,000円ちょっとだったと思います。

弦を張って完成です。
困ったことがあれば気軽にご相談ください( ✧≖´◞౪◟≖`)


***


ミシェルブランチの「Good bye to you」の、サビで盛り上がる感じが好きでイベントの終わりとかでたまに流します。

同じ系統のテイラーやmiwa、片平里菜、テラスハウスの人とか、最近ギターを持った女性シンガーソングライターが人気のようで、巷では「ギタ女」なんて呼ぶそうです。

ギタ女…


はい!ギタ女、応援します!
完全に個人的に!笑

湘南のギタ女の皆さん、ヨネザワ楽器にも遊びに来てください(懇願)


ブログの文面が長くなると、社長に

「佐藤くんは一回書くと長いからな〜あれじゃ誰も見ないよ〜」

とツッコミを入れられるけど。

そこは放っといてください*(^o^)/*




終わり。







チョウチュウォヨー









久々にガタガタするくらい寒かったです。
ワカサギ釣りの時の寒さを思い出しました。


クリスマスセール&年末年始セール考えてます。またクジ引きか、年賀状サービスか、お楽しみににに!


すみれっ



最近めっきり寒くなりました。



さむいさむいさむいさむいさむいさむい


いざむ。



明日は綾瀬市役所周辺に出没しまして、
イルミネーションよさこいの音響です。


イルミネーション楽しみー


終わり。
記事検索
プロフィール

yonezawa_gakki

QRコード
QRコード